マスク:あなたのご旅行のためにどれを選ぶべきかご存じですか?

どのような種類のマスクがあるのかを知ることと、目的地の保健当局または交通サービス会社に、どの種類のマスクが旅行に最も適しているかを必ず問い合わせましょう。

衛生マスク

サージカルマスク

フィルター付きマスク

素材と構造

一層、または複数の層になった織布

セルロースまたはポリプロピレン

多層になった微粒子フィルター

*

再利用できるものもあればできないものもあります

I型とII型があります

多層になった微粒子フィルター

防護レベル

普通

高い

非常に高い

フィルター

再利用できるもの:ろ過効率90%以上

再利用できないもの:ろ過効率95%以上

I型:95%以上

II型:98%以上

IIRタイプIIのうち血液やその他の体液の飛沫に耐性があるもの

FFP178%以上

FFP292%以上

FFP398%以上

国によって使用が禁止されている呼気弁がついている可能性があります。

再利用

再利用できる型のマスクを選択するかどうかによって異なります

不可

Rマークが付いたもののみ:最腸で8時間

使用法

4時間ごとに交換することをお勧めします

4時間ごとに交換することをお勧めします

Rマークが付いていないものは、4時間ごとに交換することをお勧めします。

保護対象

他人を保護する

他人を保護する

着用者と他人を保護する

欧州では、4桁の数字の後に続くCEマーク付けにより、マスクが現在制定されている法律に準拠していることが保証されています。

* FFP1、FFP2、およびFFP3は欧州での名称です。他国にはそれぞれ独自のモデルがあることにご留意ください。たとえば、FFP2に相当するのは、KN95、N95、P2、またはDSとなります。

避けたほうがいいマスクはどのようなものですか?

次のようなマスクは避けたほうがいいでしょう。

顔面との間に隙間がある、緩すぎる、きつすぎるなど、顔に適切にフィットしないもの

プラスチックなど、呼吸しにくい素材で作られたもの

編まれたもの、または目の粗い織物で作られたもの

単層のもの。