安全にショッピングを楽しむ

旅行先でショッピングに行く予定がある場合は、出発前に買いたいものを決めて計画を立てておくと、無駄な移動や混雑した場所、ピークの時間帯を避けることができます。ここでは旅行先でのショッピングに関する一般的なアドバイスを紹介します。

 

1.ショッピングセンターやデパート

大規模施設では、入場者数の管理、空気の入れ替え、休息場所やトイレといった共有スペースの消毒などの措置を講じています。場所によっては、ラッシュアワーを避けるべく、密集レベルを参照できる場合もあります。
訪問中には、エスカレーターを含めて指示や安全距離を守り、非接触型手段で決済を行うようにしてください

 

2.都市部のショッピング街に行く際の注意事項

人通りの多い道や、混雑している場所は避けてください。フェアや市場、露店などは、事前に開いているかどうかを確認し、進行方向を支持する看板が出ていればその方向に沿って利用しましょう。

 

3.小さな店や地域の商店もお勧めの選択肢

個人営業などの小さな店でも安全対策が取られているため、安心して買い物ができます。衛生面や安全面を考慮して、商品がスクリーンやショーケース越しに置かれている場合があります。何を買うかが決まっている場合は、店の定員制限を考慮して同行者には外で待つように伝えましょう。 

 

4.支払い方法

現状を踏まえ世界保健機関(WHO)は、携帯電話での支払いや非接触型クレジットカードなど、非接触型の決済方法を奨励しています。各施設で利用可能な場合は、これらの方法を購入時に利用してください。不要な接触を避けることができます。

 

また必ずマスクを着用し、手指消毒剤を使用し、買い物中および終了後宿泊施設に戻るまでの間、他人との安全距離を保ってください。