感染リスクを最小限に抑えた飲食店の利用

目的地ごとに営業時間、定員とレストランやテラスの安全距離が決められています。さらに、施設の多くでは感染を減少する追加措置も実施しています。

公共の屋内空間では、マスク(6歳未満を除いて)の着用が義務となっています。屋外での使用は義務ではありませんが、大勢の観客が立った状態の野外イベントでは必要です。または、着席の場合、(同居人を除いて)1.5mの社会的間隔を維持できない場合です。

これらのアドバイスに従うことで、皆さんもリスクの削減に協力することができます。

 

1.旅行先の料理を引き続き堪能

行きたいレストランに適用されている対策を確認しましょう。ゲストの健康を守るため、ホテル内の施設では当局より一定の対策が義務化され、適用されています(人数制限、テーブル間に距離を保つ、バー使用の制限や一時閉鎖など)。またゲストや従業員の健康を守るため、追加規則が設けられている施設も多くあります。

 

2.食事とマスク

感染のリスクを最小限に抑えるために、マスク着用時は可能な限り鼻と口を覆うよう心掛けてください。食卓に料理が並んでいる間は、マスクを外して食事を楽しむことができます。注文が来る前、料理と料理の間、食後などには着用することをお勧めします。

 

3.事前確認・予約

収容人数や各テーブル当たりの着席人数は目的地により異なります。旅行先の規制について、信頼できる情報を確認しておきましょう。また、できるだけ早く、できればピーク時以外の時間帯に予約するようにしましょう。テラス席を利用すればリスクを最小限に抑えることができます。定員数は衛生規制により異なりますが、少人数の方が安全です。

スペインのレストランが適用している対策について、ここから確認し、安心してスペインのグルメを堪能してください。