自然の中の安全な旅

自然や屋外はより安全な環境ではありますが、注意は怠らないようにしてください。最大限に楽しめるように、義務化されている安全対策にはしっかり従いましょう。

公共の屋内空間では、マスク(6歳未満を除いて)の着用が義務となっています。屋外での使用は義務ではありませんが、大勢の観客が立った状態の野外イベントでは必要です。または、着席の場合、(同居人を除いて)1.5mの社会的間隔を維持できない場合です。

1.田舎の宿泊施設は安心して滞在できる場所です。

田舎の宿泊施設を予約する前に、適用されている予防規則について確認しましょう。また共有スペースでは他の人との距離を保ち、マスクを着用しましょう。共有するような物(雑誌やペン、テーブルゲーム等)は、なるべく使用しないようにしましょう。


2.以下の推奨事項に従い、自然でのスポーツをお楽しみください。

可能な場合は常に、自分の登山用具を持参しましょう。これにより他人との物品の交換を避け、リスクを減らすことができます。いかなる場合も安全間隔を守りましょう。

運営されたスポーツ活動を行う場合、運営者の指示に従いましょう。安全間隔を保持したり、ご自身の消毒ジェルを持参したりすることもお忘れなく。

 

3.予防措置を取って自然保護区域を訪問。

場合によっては、安全措置を守るために、自然空間が訪問者数を減らしている場合があります。このため、定員上の問題を避けるべく、事前に入場券を予約することをお勧めいたします。さらに、オンラインで入場券を購入すると、窓口での混雑を避けることができます。

他の人たちに近づかず、安全な行程を守るようにしましょう。水に加えて、ご自身の消毒ジェルを持参しましょう。