移動手段ごとのスペイン到着時の検査種別

空路で移動する場合:

1.欧州連合加盟国またはシェンゲン協定加盟国の居住者がスペインに渡航する場合(これに該当する国のリストはスペイン保健省のこちらのウェブサイトに掲載)、または、こうした国の居住者である場合は、SpTH健康管理フォームも新型コロナウイルス感染症証明書も提示する必要はありません。詳細情報はこちらをご覧ください。

2.第三国国民が欧州連合に属していない国またはシェンゲン協定加盟国と見なされていない国から入国する場合(12歳未満の子ども、および国際線乗り継ぎの者を除く)、必ず次に掲げる証明書のうちのいずれかを提示する必要があります。

a) ワクチン接種証明書:新型コロナウイルス感染症のワクチンに関して、既定の回数の接種が完了していることを確認できるもの。

b) 検査の診断証明書:検査の結果「陰性」と診断されたことを確認できるもの。

c) 回復証明書:検査の結果「陽性」と診断された後、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染から回復したことを確認できるもの。

 

EUデジタルCOVID証明書またはそれと同等のものを取得している場合、追加の文書は要求されません。

 

詳細情報、およびその他の例外については、こちらのセクションをご参照ください。

 

海路で渡航する場合:

1.欧州連合加盟国またはシェンゲン協定加盟国の居住者がスペインに渡航する場合(これに該当する国のリストはスペイン保健省のこちらのウェブサイトに掲載)、または、こうした国の居住者である場合は、SpTH健康管理フォームも新型コロナウイルス感染症証明書も提示する必要はありません。

2.第三国国民が欧州連合に属していない国またはシェンゲン協定加盟国と見なされていない国から入国する場合、12歳以上の者は全員、必要な健康証明書のいずれかを所有している必要があります(ワクチン接種証明書、回復証明書または検査の診断証明書)。EUデジタルCOVID証明書と同等のものであるか別の種類の証明書であるかは問わないほか、健康管理フォームに記入する必要もありません。

詳細情報、およびその他の例外については、こちらのセクションをご参照ください。

 

陸路で移動する場合:

1.健康管理フォームの提出は必須ではありません。

2.フランスまたはポルトガルから陸路でスペインに到着する旅行者は、保健衛生上のいかなる証明書(ワクチン接種証明書、診断検査証明書または回復証明書)も提示する必要はありません。

3.現在、保健衛生上の制限が何ら設けられていないのは、自治都市であるセウタとメリージャにモロッコから陸路で入国する場合も同様です。