欧州連合(EU)・欧州経済領域(EEA)に加盟する国以外からスペインへ旅行する際の必要条件

1. 空路でスペインに渡航する場合(12歳未満の子供と国際線トランジットを除く)、出発国に関係なく(帰国するスペイン人を含む)、以下の書類のいずれかを所持している必要があります。

 

a) EUデジタルCOVID証明書または同等の証明書。お持ちの証明書が発行国によって同等と見なされるかどうかは、こちらでご確認ください。

空港に到着したら、オレンジのルートを示す標識に従ってください。

 

b) EUデジタルCOVID証明書または同等の証明書をお持ちでない場合は、出発前に健康管理フォームに記入する必要があります。ウェブサイトhttps://www.spth.gob.es/、およびAndroidデバイスiOs用スペイン・トラベル・ヘルスのアプリから行うことができます。

フォーム記入後、QRコードが表示されますので、搭乗時およびスペイン到着時にご提示ください。

空港に到着したら、ブルーのルートを示す標識に従ってください。

 

また、海路でスペインに渡航する場合、健康管理フォームに記入する必要がなくても、EUのデジタルCOVID証明書と同等のものまたは他の種類の証明書など、必要な健康証明書のいずれかを所持していなければなりません。

 

2。EU/EEA加盟国以外から渡航される方は、保健省が認める予防接種または回復証明書が必要ですので、ご注意ください。別の選択肢は、以下に挙げる状況のいずれかに該当している場合です。

ア)欧州連合、シェンゲン協定加盟国、アンドラ、モナコ、バチカン(ローマ教皇庁)、またはサン・マリノの居住者であることを証明する書類を保持し、その国に向かう途中である者。

イ)欧州連合加盟国またはシェンゲン協定加盟国が発行した長期滞在ビザを所持し、その国に渡航する者。

ウ)衛生研究者を含む健康専門家および高齢者介護専門家が、その業務を遂行するために移動する場合、またはその業務場所から戻る者。

エ)航空輸送業務の遂行に必要な輸送要員、船員、航空要員。

オ)外交官、領事、国際機関、軍人、市民保護団体、人道支援団体の職員で、その職務を遂行する者。

カ)欧州連合加盟国またはシェンゲン協定加盟国に留学している学生で、必要とされる許可証またはビザ、および医療保険を持っている者で、留学先の国に行くこと、学年度中または学年度前の15日間に入国する者。

キ)スペインで開催される高度なスポーツイベントの参加者など、業務が必要で、延期や遠隔地での実施が不可能な高資格労働者。上記の条件の充足は、証拠書類によって証明されなければなりません。

ク)正式に承認された家庭の事情により渡航する者。

ケ)不可抗力や必要性を証明する書類を提出できる者、または人道的理由で入国が許可された者。

コ)定期的に更新される一覧表に掲載されている、旅行の維持知的規制が適用されない第三国の居住者(現在有効な一覧はこちらを参照)。

例外的な状況に該当し (入国制限解除国を除く)、ワクチン接種証明書または回復証明書を所持していない渡航者は、検査証明書の提示が必要となります。

 

予防接種証明書が必要な場合は、最終投与日から270日を経過していない場合で、ワクチン接種完了の最終投与日から14日以降に、出発国の管轄官庁によって発行されているものでなければなりません。この時点より証明書は、ブースター接種の投与を反映しなければなりません。追加接種を受ける義務と270日間の有効期限は、12歳以上18歳未満の子どもには適用されないことに留意してください。このため、12歳以上で18歳未満の人は、最後の接種から270日が経過し、追加接種を受けていない場合でも、接種済みとみなされます。

現在認可されているワクチンについては、欧州医薬品庁(EMA)または世界保健機関(WHO)で確認することができます。また、これら組織で認可されていないワクチンの証明書も受理されますが、最後に打ったワクチンが認可されたものである必要があります。なお、スペインで実施の新型コロナウイルスに対する ワクチン接種戦略 に規定される事項が、ワクチン接種完了の定義となっています。

不急の旅行に対する一時的な規制のために影響を受けた国から欧州連合またはシェンゲン地域外の国を経由して入国する12~17歳の未成年は、ワクチン接種証明書なしでスペインを訪れることができるようになりました。出発前72時間以内に実施された分子核酸増幅検査-NAAT(RT-PCRまたはそれに類するもの)が陰性である証明を提示することができます。12歳未満の未成年は、証明書の類を提示する必要はありません。

 

回復証明書をお持ちの場合、NAAT型診断検査(PCR、TMA、LAMPなど)または迅速抗原検出検査で初めて陽性の結果が出てから11日以上経過した時点で、所轄官庁または医療機関より発行されたものであることが必要です。証明書の有効期限は、検査結果が初めて陽性となった日から180日間とします。迅速検査は、欧州連合衛生安全委員会によるリストに含まれるもので、有資格者によって実施されたものでなければなりません。
EUデジタルCOVID証明書または同等の証明書以外の回復証明書をお持ちの場合、回復証明書の元となった診断検査を証明する書類を提出する必要があります。

 

診断検査で入国する場合 (上記の例外的な状況の場合に有効)、スペインで認められている検査はNAAT検査 (PCR、LAMP、TMA もしくは類似する検査) または抗原検査ですので、ご留意ください。出発前72時間以内に実施されたNAAT検査が陰性であること、または出発前24時間以内に実施された抗原検査を提示する必要があります。

 

EUが同等性を認めている国が発行する新型コロナウイルス感染症ワクチン接種、診断検査、および回復証明書は、EUデジタルCOVID証明書と同様のものとして扱われます。当情報は、欧州連合(EU)のウェブサイトで参照することができます。

 

3. 空路もしくは海路で渡航する場合、すべての乗客は最初の入国地で健康チェックが実施され、少なくとも検温、 書類チェックと目視による健康状態の確認が行われる場合があります。

新型コロナウイルス、または公衆衛生に対する危険が想定されるその他の病気に罹患している可能性が疑われる場合、医学的評価を受け、進行中の感染症の診断検査(PCR/TMA/RT-LAMP法の検査)が行われる場合があります。さらに、感染リスクの高い国や、リスク評価プロセスに関連した監視の枠組みで確立された国のからの渡航者については、外国人保険サービスのスタッフが診断テストを実施する場合があります。

国際線乗り継ぎの場合、空港から離れず、スペインでの滞在が24時間を超えない限り、健康状態申告書や予防接種・回復証明および検査結果の提示は必要ありません。

 

衛生健康面での管理、および検疫が必要な場合に関する詳細情報。

 

4.トップページのマップにて、各国の特有の規制や免除の可能性を確認することができます。