欧州連合(EU)・欧州経済領域(EEA)に加盟する国からスペインへ旅行する際の必要条件

1.出発国に関わらず、トランジット客および12歳未満の者も含め、空路または海路 (船) でスペインに到着する全ての乗客は、出発前に衛生管理フォームを記入する必要があります。空路でご到着の場合、ウェブサイト https://www.spth.gob.es/ や Android または iOs搭載端末用アプリ「Spain Travel Health」からご記入いただけます。船で到着する場合は、次のリンクからご記入ください。https://spthm.puertos.es/

記入後にQRコードが発行され、乗船や搭乗、スペイン入国の際に提示が必要となります。

 

2.保健省が発表・更新している 欧州連合/欧州経済領域の加盟国一覧および第三国の一覧を参照し、状況をご確認ください。

2.1 前述の一覧で危険地域に含まれていないEU/EEA圏内から入国する場合、各種診断検査、ワクチン接種証明書や免疫証明書は不要となります。

2.2.EU市民の方で危険国・地域から入国される場合EUのデジタル新型コロナウイルス証明書が必要となりますが、これはフォームを記入する際、「SpTH」アプリケーション自体にアップロードされます。この証明書は、以下の3種類のうちいずれかを認めるものです。

a) 新型コロナウイルスに対するワクチンを接種済みであること。ワクチン接種証明書は、出発国の管轄官庁がワクチン接種完了した最終接種日から14日後に発行した証明書が有効です。承認されるワクチンは、欧州医薬品庁が認可したもの、または世界保健機関の緊急使用手続きを完了しているワクチンとなります。

b) 検査を行い、その結果が陰性であること。証明書は、スペイン到着の72時間前までにサンプルを採取した、PCR検査または類似する検査 (NAATタイプ)の陰性証明書、または、スペイン到着の48時間前までにサンプルを採取した、欧州委員会の共通リストに含まれる抗原検査の陰性証明書が有効です 。

c) 新型コロナウイルスに感染し回復したこと。回復証明書は、最初のNAATタイプの診断検査 (PCR、TMA、LAMPおよびこれに類似する検査) で陽性結果が出てから少なくとも11日後に所轄官庁または医療機関により発行されたものとします。証明書の有効期間は、サンプルの採取日から180日間です。

Euのデジタル新型コロナウイルス証明書により QRファストコントロールを取得でき、スペイン到着時の手続きがスムーズになり、待ち時間や追加審査を避けることができます。

ワクチンの単回接種を受けた12歳から18歳までの未成年は、NAAT/抗原検査証明書があれば、スペインへの渡航が可能です。12歳未満のお子様は、証明書等の提出義務はありません。

EUのデジタル新型コロナウイルス証明書についての詳細は、こちらでご確認ください。

EUのデジタル新型コロナウイルス証明書をお持ちでない場合、またはSpTHに証明書をアップロードできない場合、お持ちの証明書のデータを手動で入力してください。この場合、衛生管理職員によりお持ちの証明書の審査が行われる可能性があるため、衛生検査にかかる時間がさらに長くなります。

 

3.空路もしくは海路でスペインへ旅行される場合、最初の入国場所で健康チェックが実施され、少なくとも検温、書類チェック目視による健康状態の確認が行われます。

新型コロナウイルス、または公衆衛生に対する危険が想定されるその他の病気に罹患している可能性が疑われる場合、医学的評価を受け、進行中の感染症の診断検査(PCR/TMA/RT-LAMP法の検査)が行われます。さらに、危険国から入国する場合、対外保健局サービスのスタッフが診断検査を行う可能性があります。例外的に、特定の渡航者に対し、スペイン到着後48時間以内に検査が要求される場合もあります。
危険国から入国する場合、スペイン到着時の検疫検査を通過するためには、(ワクチン接種証明書または罹患証明書を所持している場合も含め)SpTHのQRコードと併せ、新型コロナウィルスSARS-CoV-2診断検査陰性結果証明書を提示していただくことになります。

トランジット中で国際線区域を出ることなくトランジットが行われる場合、健康管理を通過しないことから、リスクのある国から到着する場合でもEUデジタルCOVID証明書の提示は求められませんが、SpTHを通じてFCSを遵守するトランジットQRを取得する必要があります。乗り換えの際に入国審査を通過し、スペイン領への入国が行われる場合、次のフライトの搭乗券または予約チケットを提示して、最終目的地がスペイン国外であることを証明すると、トランジットが24時間以内で、空港を出ない限りにおいては旅行を続けることができます。

各国が施行している規制措置のうち、最も重要な点および例外については、トップページに掲載されているマップにてご確認いただけます。